切手買取の豆知識、竜文切手について

郵便局に行くといつでも購入が出来る切手の事を普通切手と言います。
普通切手は図案が変更されるまでの間は、発行し続けると言った特徴が在るもので、切手収集を行う人が良く集めている記念切手や特殊切手は予め発行枚数が決まっているため、郵便局で完売になった場合には切手商での購入になりますが、普通切手の場合は新しい切手が発行されるまでの間は常に購入が出来るなどの違いが在ります。
日本の中で最も古い普通切手が竜文切手になります。
竜文切手は1871年4月20日から発行が行われた普通切手であり、手彫り切手と言った特徴が在ります。
手彫り切手と言うのは、銅板を手彫りで削って版を作り出す方法であり、匠の技により切手の版と言うものを作り出し、印刷が行われていたもので、竜文切手は希少性が高い事からも切手買取りの査定評価が高くなると言った特徴が在ります。
尚、竜文切手には48文、100文、200文、500文の4種類の額面が在りますが、それぞれ第一版と第二版の2種類が存在していること、使われている紙についても、縞紙と無地紙の2種類が存在していることなど、これらの区別をつけることが出来る能力を持つ鑑定士がいる切手買取のお店での査定を受ける事で、適正価格で買取りが可能になります。
竜文は最古の普通切手に含まれている事からも、切手買取りのお店では高い評価を得ることが出来るわけですが、竜文切手の第一版と第二版と言うのは、手彫り切手特有の版の違いと言うものが在り、これを区別することが出来る鑑定士に査定を受ける事で、適正価格で売ることが出来ると言う事です。
例えば、竜文切手の中でも額面が最も低い48文の場合は、図柄の角にある七宝の模様に違いが在り、この模様は丸い円になっていますが、第一版では黒い点になっているのに対し、第二版の場合は白い丸になっているのが特徴です。
また、200文の場合は左上隅の左肩部分に違いが在り、この部分に黒い点が在るのが第一版、黒い点が無いのが第二版と言う事になります。
第一版と第二版と言うのは価値が異なるため、これらの区別をつける事が査定には重要であること、竜文切手には無地紙と縞紙の2種類が在り、紙の種類によっても価値が変わるため、これらの知識や判別が出来る能力が求められると言う事です。
また、500文の竜文切手には幾つかの色が在るのが特徴で、色による価値の差と言うものが在るなど、切手を適正に査定できる能力が必要になるなど、切手買取についてはここからチェックがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です