切手買取りの豆知識、竜銭切手について

国内で最初に発行された切手の事を竜切手と言います。
竜切手の特徴は現代のような印刷技術が無かった時代で在り、手彫りで版を作り出して版にインキをつけて紙に刷り上げると言う方法で行われていたもので、印刷に利用していた版が手彫りと言った具合に手作り感が在る切手と言われています。
竜切手が発行されたのは1871年4月20日で、明治4年になります。
当時の通貨単位は現代のように円ではなく、文と言う通貨単位になっており、48文、100文、200文、500文と言う4種類の切手が発行され、郵便料金として利用されていた事になります。
尚、通貨単位が文と言う事からも、竜文切手とも言われているのですが、明治4年と言うのは新貨条例制定により、新しい通貨単位が導入された時代でもあり、翌年の1872には文から銭の単位に変わる竜銭切手の発行が行われるようになりました。
因みに、竜切手と言うのは、雷紋および七宝の輪郭文様の中に、向かい合った2つの竜が描かれている図案であることからも、竜切手と呼ばれており、竜切手の価値は希少価値が高い事からも切手買取りの中でも高い評価を得ている事、そして竜文切手、竜銭切手は現存している数が少ないため、プレミアが付いている切手の1つになっています。
竜銭切手は、竜文切手の後に発行された切手、通貨単位が文から円に変わった際に、発行された切手と言った特徴が在ります。
竜文切手は目打ちと呼ばれている四隅のギザギザが在りませんが、竜銭切手には目打ちが入っているのが特徴で、日本の切手の中でも目打ちが入った切手の始まりになります。
また、最初は裏面の糊が在りませんでしたが、後期になると糊が付けられるなど、現代の切手の原型とも言える切手でもあり、竜銭切手の原版は先に発行されていた竜文切手の第二版の原版を流用して印刷が行われる等の特徴も在ります。
切手買取りの中では竜銭切手は希少価値が高いため、高額での取引が行われる切手の一つです。
希少価値が高い理由と言うのは、紙幣寮が切手製造を行う事になり、短期間のみでしか製造が行われなかっただめ、発行枚数自体も極端に少なく、しかも時代の中での事変などにより現存数が激減したなどの理由からもプレミアが付いているためです。
因みに、切手の価値を知りたい時に便利なのが切手のカタログですが、切手のカタログの中でも竜切手と言うのは評価が高くなっており、買取りに出す場合には専門的な知識を持つ鑑定士により適正な価値を見出してくれる事になります。
尚、切手の買取りにおいての査定方法はこちらを参考にされるのがお勧めです。